Polishing 

 

 

FUJIMI_COMPOL.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  COMPOL Exotic Material Polish

 btn01.jpg

 【特長】

 COMPOLは、LiTaO3LiNbO3、サファイア等の電子材料基盤、金属材料及びセラミックスのポリシング専用に

開発された高純度コロイダルシリカスラリーです。

粒子の均一性、分散性に優れ、高性能でダメージフリーの研磨面が得られます。

 

FUJIMI_FZ.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FZ Fujimi Glass Polish

 btn01.jpg

 【特長】

FZ-05、及びFZ-02は酸化ジルコニウム(ZrO2)の超微粒子からなり、モリブデン、タングステン、クロミウム、チタニウム、ニッケルなどの特殊合金の研磨に最適です。FZ使用時に硬質ウレタンパッドや研磨用ピッチを用いますと、金属特融の深みのあるスクラッチフリーの光沢面が得られます。又、光学レンズのファイナルポリシングにFZ-02を使用しますと、スクラッチフリーでしかも「荒れ」のないレンズ面や「ウェーブ」を取り除いた鮮やかな千渉縞が得られます。


FUJIMI_CLEALITE.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  CLEALITE Metal Super Polish

 

 【特長】

CLEALITEは銅、アルミニウム、ステンレス、チタニウムなど各種一般金属向け鏡面仕上げ材です。"2340"は特殊組成液とともにメカノケミカルポリシング作用にて、10nm(Rmax)の表面粗さとスクラッチフリーの表面に仕上げることが可能なポリシングスラリーです。"S"は分散性の良いシリカパウダーをベースに、選択加工を抑制する組成液をバランス良く配合した金属材料専門のファイナルポリシングスラリーとして開発され、使用方法及び使用条件は"2340"と全く同じです。"2340"に比べ加工時間の短縮と鏡面精度の向上が可能です。


FUJIMI_INSEC.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  INSEC Compound Semiconductor Polish

 

 【特長】

INSECシリーズは、化合物半導体結晶をメカノケミカル加工によって精度よく鏡面に仕上げるポリシング材です。種類も豊富で、GaAsウェーファー用の"FP"(一時用ポリシング材)、"NIB"(ファイナル用ポリシング材)、GaPウェーファー用の"P"(ファイナル用ポリシング材)などのほか、GaAsウェーファーの精密ポリシング専用ポリシング材"SP"やInPウェーファー用の"IPP"(一次用ポリシング材)も用意しています。またINSECシリーズは、GaAsおよびGaPのLED関係のエッチング材としても有効です。いずれも顆粒状になっており、使用直前に溶かします。


FUJIMI_POLIPLA.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  POLIPLA Plastic Lens Polish

 btn01.jpg

 【特長】

POLIPLAは、プラスチックレンズ用に開発したコンパウンドタイプのポリシング材です。均一に分散した高純度アルミナとpH値約3.0〜4.0の特殊組成液から作られており、高いポリシングレートと良好な仕上面が得られます。


FUJIMI_FAL.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FAL Fujimi Alumikron

 btn01.jpg

 【特長】

高純度アルミナポリシ材・FALは、極めて高純度の煆焼アルミナポリシ材です。厳密な温度管理と品質管理のもとに得られる結晶粒子は、常に安定した粒度分布と高純度を保ち、優れたポリシング性能とスクラッチフリーの面をお約束致します。

 

 


 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FS Fujimi Skin

 

 【特長】

コンタクトレンズ、精密機械部品の最終仕上材であるFSは高純度のα-Al2O3の粉末で、フジミの技術に加え最新の注意をもってコントロールされた粒子径とストックリムービングの速さ、そして低価格、使いやすさなどポリシ材として優秀な性質をもっています。これらの超微粒子は99.9%以上の純度をもち、化学的に不活性です。

 


FUJIMI_FA.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FA Fujimi High Purity Insulator

 

 【特長】

FAは、Al2O3純度99.8%以上の高純度を誇るα型のアルミナ微粉です。特に不純物としてNa2O分が0.05%以下と少なく、電気絶縁性に優れていることから、電子管用ヒーターの絶縁塗布材や各種絶縁塗膜材としての用途のほか、高純度セラミック材料や高級フィラー(充填材)としてご使用いただけます。

 

 


FUJIMI_FM.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FM Fujimi Metal Polish 

 btn01.jpg

 【特長】

FMは、高速度鋼から軟質金属まで利用範囲の広い金属用最終研磨材です。特殊製法に基づく独特の形状と均一な粒度により、優れた研磨面が得られます。たとえばピッカーズ硬度200〜250においては、研磨布紙の中磨きから直ちに仕上げ磨きに移っても、精巧で美しい研磨面をつくりあげます。また機械的欠点を克服し、高速度鋼や合金などの微細な組織でも鮮明な研磨を可能にしました。研磨布も選ばず、ラシャやフエルトなどで簡単に加工できます。

 

 

 


FUJIMI_FDC.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  FDC Fujimi Diamond Paste

 

 【特長】

FDCは、整粒されたダイヤモンドパウダーと特殊研削液とを混合し、使いやすいペースト状にした研磨材です。

油性のFDC-O、水溶性のFDC-Wの2タイプがありますので、被加工物、研磨機の防錆や洗浄性などにより使い分けてください。

またFDCには専用の希釈液(フジミダイヤモンドリキッド・FDL-O油性/FDL-W水溶性)を用意しています。

FDCと合わせてご使用ください。

 

 


FUJIMI_DIATEC.jpg

 

株式会社フジミインコーポレーテッド  DIATEC Diamond Slurry

 

 【特長】

DIATECは整粒されたダイヤモンドパウダーと特殊研削液とを混合したスラリータイプの研磨材です。

つねに安定した研磨力を持続し、高能率、高精度に鏡面仕上げを行うことができます。

DIATECは、コンセートレーション(M:Medium、H:Heavy)ダイヤの種類(A:単結晶、D:多結晶)など多様な種類が設定されており、加工物に最適なアイテムが選定できます。